接骨院と整骨院の違い

はじめに

最近、〇〇接骨院や〇〇整骨院という看板をよく目にすると思います。
そこで皆様から質問が多い、「接骨院と整骨院って何が違うの?」について今日はお答えしたいと思います!
今読んでくださっている方々も一度疑問に思われたことがあるかもしれませんね?

結論から言ってしまうとズバリ「同じ」です。
接骨院も整骨院も3年もしくは4年間勉強し、国家試験を取得した柔道整復師が施術を行います。
また各種保険、労災保険、自賠責保険(交通事故)などの保険治療を厚生労働大臣から許可されているのも柔道整復師の特徴です。

健康保健の適用について

先程も書きましたが接骨院、整骨院では健康保険証が使えます。
しかし健康保健の適用には範囲があり全てに健康保険が適用されるわけではありません。
骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲
これらの外傷的なケガが健康保健の対象となるのです。
かた苦しい言葉だとわかりにくいと思うのでいくつか例を書きます。

1、重いものを持った時に腰を痛めてしまった。

2、友達とボールで遊んでで突き指をしてしま
った。
3、朝起きたら首を寝違えてしまっていた。

4、走り出した瞬間に足がブチッと音がしてみ
んなに肉離れと言われた。
5、子供の手を引っ張ったら手が抜けてしまっ
た。

今あげた5つの例はどれも健康保健の対象となります。
あくまでこれらは例に過ぎないので他にも身体を痛めてしまうタイミングは無数に存在します。
身体に対する痛みや悩み、健康保険が使えるのか使えないのか?気軽にご相談ください!

最後に

愛宕駅前通り接骨院では皆様のお身体の不調に真摯に向き合い患者様の明るい未来に向かった施術を提案し、症状を緩和させ、患者様に寄り添わせて頂く接骨院です。

根本治療を実現させる最新機器の導入をはじめ様々な形で患者様にアプローチさせていただきます。

是非あなたの諦めかけていた痛み
どこに行っても変わらなかった悩み
私、山本にご相談ください。