眼精疲労とは、目を使い続けることを行い、目の痛み、目が重いなどの、症状のことを指します。症状が酷くなると肩こり、頭痛、体がだるいなどの体全体の症状もでてきてしまいます。眼精疲労は、多くの方が、休息や睡眠をとっても回復すると思いがちですが、休息、睡眠では完全な回復いたしません。

昨今の生活では、パソコンやスマホなどを使用して長い時間業務を行う作業が多く、眼精疲労を発症する方が、増えてきています。ゲームの普及に伴い小学生の子供でも眼精疲労になる方が多くなってきております。
眼精疲労の原因はいくつもありますが、正確に原因を特定した上での治療が必要になります。日常生活における目の使いすぎも眼精疲労につながるリスクがあります。眼精疲労を予防するためにも、生活環境に注意、意識を払い眼の使いすぎをしないようにすることが大切です。

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因はいくつもありますが、目や全身の病気に関係した病気もあります、それは、精神的な要因によるものもあります。
目に関係した眼精疲労は、近視(近くの物が見ずらくなる)・乱視(左右の視力に差がある)・遠視(遠くの物が見ずらくなる)といったものがあります。こうした症状があると、ものを見るという動作に関係して常に目に負担をかけている状態になります。眼鏡やコンタクトレンズをして作業している方も同じです。その他、ドライアイ・老眼・白内障・緑内障などの症状も眼精疲労の主な原因のひとつとされています。

昨今の事情として、パソコンやスマホを見る習慣がどうしても多いと思います。長時間によるパソコン業務の事務作業も多くなってきました。。そのパスコン・スマホの使いすぎも眼精疲労の原因とされています。その他、精神的疲労・自律神経失調症などの症状が原因で眼精疲労が起こることもございます。

眼精疲労の治療

眼が重い・眼の痛み、目の痛み・まぶしさ・かすみ目・眼の充血等といった目の疲れを感じたことのある方は、おそらく多くの方が経験されており、休息を取ることで目の疲れをとれることもあります。この状態は眼疲労と呼ばれています。
眼精疲労でも疲れを感じることになりますが、休息を取ることで症状の緩和がはかれない状態です。さらに眼精疲労では頭痛や肩こり、吐き気などの症状を引き起こすときもございます。

眼精疲労は自覚的な症状が主になり、眼精疲労の診断に際しては自覚症状が所見であります。
眼精疲労は職場環境や生活環境とも密着に関系しているため、パソコン業務への従事状況や日常生活における改善を促して治療していきます。また眼精疲労の症状が酷い方は専門の病院で診察してもらうのが良い場合もございます。さらに必要に応じた追加検査もされた方が良い場合もございます。

眼精疲労とは、目を使う作業を継続して続けることを原因としております、目の疲れや痛み目の重さなどの症状に加えて、頭痛や肩こりなどの身体の状態を指します。眼精疲労では、目や身体の症状は休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態になっています。

愛宕駅前通り接骨院には眼精疲労に特化した治療法があります。

愛宕駅前通り接骨院では、頭痛や肩こりの症状を電気治療・マッサージを行い緩和していき、眼精疲労の原因となる生活環境を変えることを指導していきます。電気治療・マッサージ・生活環境を継続して行うことによって眼精疲労は回復していくと思われます。是非ご相談くださいお待ちしております。

■電話相談はこちら04-7128-4560■診療時間
【月曜〜金曜】
9:00-13:00 / 15:00-20:00
【土曜】
9:00-15:00
※休診日 / 日・祝

メールはこちら お気軽にお問い合わせください