生理痛

女性の悩みでも多く聞かれる生理痛。
月に1回訪れる痛み。

子宮あたりの痛みが出たり恥骨に痛みが出たり。
もしくは腰痛となり股関節痛にもなり中には全身が痛くなってしまう人もいます。

中には全然痛みを感じない人もいるみたいですね。
はたまた立てなくなってしまったり、失神してしまう人までもいると聞きます。

そんな生理痛。

お薬だけに頼っていませんか?

もちろんお薬を飲んで症状が緩和される事は大事な事です。
しかしなるべくならお薬は飲みたく無いものだし飲み続けているとお薬が身体に慣れてしまい効かなくなってしまうことも。。。。。

そこで生理痛を根本から緩和させるために野田市、愛宕駅前通り接骨院では生理痛緩和オリジナル骨盤矯正で女性の悩みを解決しています!

生理痛で痛みを感じる原因

・「プロスタグランジン」というホルモン類似物質の急激な増加。

・骨盤が左右非対称であったり骨盤の関節(仙腸関節や恥骨結合、腰仙関節)の可動性の低下や硬さ

まずは前者の「プロスタグランジン」から説明していきます。

プロスタグランジン

生理の直前から生理の初期にかけて女性の身体ではプロスタグランジンが急激に増加します。

プロスタグランジンは子宮の筋肉を収縮させ生理の経血を体外に排出させる役割があります。

このプロスタグランジンの分泌量が多ければ多いほど子宮の収縮は強くなりお腹がキリキリ痛んだりします。
またプロスタグランジンには血管収縮作用もあるので血流が乏しくなってしまった内臓の動きが悪くなる事でさらなる身体のだるさ、吐き気、嘔吐、下痢など胃腸の不調にも発展します。

医学的にも生理痛がひどい人の経血や子宮内膜にはプロスタグランジンの量が多い事が証明されています。

次に骨盤のズレや動きの悪さからくる生理痛です。

左右の骨盤のズレや可動性

先ほども説明しましたが生理の経血は子宮から出され体外に排出されます。
その際に骨盤が開かなければスムーズに経血が体外に排出される事はありません。

女性の身体では生理前から生理中にかけてリラキシンというホルモンが分泌されこのホルモンが骨盤の筋肉や靭帯、関節を緩めてくれます。

リラキシンのおかげで骨盤は開き子宮から出てきた経血が体外に排出されるのです。

しかし骨盤にズレがあったり動きが悪く可動域が無さ過ぎると、いくらリラキシンが放出されても骨盤がうまく開く事が出来ず、恥骨痛や股関節痛(足の付け根)や腰痛に繋がってしまいます。

また一定の量のリラキシンが排出されたのにも関わらず骨盤が開かないと脳が誤作動を起こし更にリラキシンを排出してしまいます。

そうなってしまうと骨盤だけでなく他の場所の筋肉や靭帯も緩むため身体のだるさ頭痛、関節痛に発展してしまいます。

解決法!!

まず子宮の収縮を強くしてしまうプロスタグランジンの生成を抑制してくれるのは「イブプロフェン」という非ステロイド抗炎症薬です。
これは市販の生理薬品には大抵含まれているので服薬する事で生理痛は軽減する事でしょう。

薬に頼らず根本的な解決を目指す方には是非、野田市、愛宕駅前通り接骨院で骨盤矯正をオススメします!!

少しの子宮筋の収縮で骨盤が開きスムーズに経血が体外に排出されればプロスタグランジンの量も多くならないしリラキシンの量も一定で済みます。

愛宕駅前通り接骨院では

愛宕駅前通り接骨院では骨盤の左右のバランスを整え骨盤の可動性を取り戻しスムーズに生理がなされる身体を患者様と一緒に作っていきます。

生理がひどく保健室への閉じこもりが続いてしまっていた学生さんも3ヶ月間の週2回ペースでの施術で
「生理前が怖く無くなり精神的に楽になった」
と喜んでくれています。

愛宕駅から徒歩3分!
駐車場2台完備!
野田市「愛宕駅前通り接骨院」!!

皆様のご来院お待ちしております。

■電話相談はこちら04-7128-4560■診療時間
【月曜〜金曜】
9:00-13:00 / 15:00-20:00
【土曜】
9:00-15:00
※休診日 / 日・祝

メールはこちら お気軽にお問い合わせください