手足のしびれは症状を聞くことによりある程度診断が可能です。徐々にか突然起こったかで何が原因なのかはある程度絞れてはきますが、例えば、今日起きたとき足がしびれて、それからずっと続いていますという場合は、緊急性のある疾患を疑えるため、早期の診断が必要です。逆にいつからか徐々にと足がしびれてきましたという場合は、緊急性は極めて低くなるため様々な原因を想定し改善していきます。

例えば、肩から手先にかけてしびれるたり痛みを伴う、手が動かしづらく箸が上手に持てない。または歩きづらく階段上り下りに手すりがないと怖い。こんな症状であれば、脊椎や末梢神経を疑っていきます。

原因

・脳
脳が原因で手足のしびれが起こった場合は梗塞や出血による可能性があります。これは突然発症し片側の手や足に症状があるとされています。しびれや痛み以外に、ろれつが回らない、吐き気がする、物が二重に見えるなどの症状が伴っていた場合には、脳卒中の可能性も出てきますので緊急を要する症状と言えます。

・脊髄や神経根の病気
脊髄の変形により頚髄もしくは腰髄が圧迫されることで起こるしびれです。発症の仕方が急性、慢性、片側、両側いずれのパターンでも症状として出てきます。脊髄や神経根は脳に直結していて、手足に伸びる末梢神経の幹にあたる神経に異常が起きると、手足にしびれや痛みが現れます。椎間板ヘルニア、脊髄損傷、頸椎症、脊髄腫瘍などがそれにあたります。

・末梢神経の障害
手足の神経に異常があるときは、それがしびれや痛みとなって現れます。さまざまな原因で起こる末梢神経障害や手根・足根管症候群などがあります。ちなみに、多くの方が悩んでいる坐骨神経痛は、おおよそこの分野になります。また糖尿病をしっかり治療しなかった場合末梢神経に障害が残りしびれや麻痺が現れることもあります。

・末梢血管の血流が悪い
正座をした時足が痺れるのと同様で、手足の血管が細くなって血液の流れが悪くなることでもしびれや痛みが起こります。閉塞性動脈硬化症、バージャー病などがそれにあたります。

・悪い姿勢
猫背などのよくない不自然な姿勢が続くことで、部分的に血流が悪くなりしびれや痛みが起こることもあります。

直し方

しびれや痛みを起こしている原因が特定できたら、原因そのものを治す根本治療を進めます。また、以下の薬剤によって痛みやしびれから楽にするための薬を合わせて使って行くのが一般的です。

●消炎鎮痛薬:炎症をしずめて痛みを抑えます。炎症によるしびれや痛みには効果あり。
●ビタミン薬:原因が末梢神経の障害のとき、修復を助長するビタミン薬が良いとされている。
●末梢循環改善薬:血流が原因と考えられるときに用いられます。
●神経の過敏性を抑える薬:損傷した神経が過剰反応することで起こるしびれや痛みを抑える薬です。

愛宕駅前通り接骨院では”手足のしびれ”を根本から治療します

当院では根本治療を専門に特に慢性のしびれを解決する骨格や身体づくりをサポートしています。ストレスや姿勢が原因で症状が出ている患者様が多くいますが、脳が原因などの緊急性の場合もありますので、ご自身で判断せずしびれがあった際にはすぐ専門の医療機関に相談してください。

■電話相談はこちら04-7128-4560■診療時間
【月曜〜金曜】
9:00-13:00 / 15:00-20:00
【土曜】
9:00-15:00
※休診日 / 日・祝

メールはこちら お気軽にお問い合わせください