継続して長く同じスポーツを続けることで、体の特定の部位、関節、靭帯、腱、骨などに繰り返し負担がかかって起こる障害をスポーツ障害と呼んでいます。スポーツ障害は成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こります。

練習前のウォーミングアップや練習後のアイシング、または、運動前や後のストレッチなどで予防・改善が出来ます。スポーツ障害初期の状態であれば、一定期間スポーツを休むことで改善する事もありますが、無理をして悪化した場合、今まで通りのパフォーマンスを二度と発揮できない状態になってしまう事もあります。

スポーツ障害ってどんなものがあるの?

スポーツ障害には以下のようなものがたくさんあります。

※出典:wikipedia

 治療と予防法

スポーツ外傷(突発的な不慮の怪我など)とは違いスポーツ障害の治療においてはいかに酷使された部位をケアするかが重要です。
体の負担になっている箇所を見極め、根本改善をしなければいけません。

同じスポーツ、運動を行っていても、痛みが出る人、出ない人がいるのは身体バランスや使い方が違うからです。ゴルフでの症状が出ている方は、もしかしたらスイングフォームを改善しなければならないかもしれませんし、サッカーで腰に症状が出ている方は筋力をつければ改善するかもしれません。

人によりそれぞれ治療の方法は異なりますが、マッサージ、電気療法、テーピングなどによりその方の骨格や身体に応じた治療と、スポーツ練習などの見直しと合わせて根本解決していきます。
特に成長期の子供の場合、周りの大人がオーバーワークではないか、変な癖がついていないかなど見守れる環境を整える事も重要です。今、スポーツ障害でお悩みの方は、以前私が書きました「野球選手に多い怪我編」も合わせてご参考いただき根本からベストパフォーマンスが出来るよう改善していきましょう。

愛宕駅前通り接骨院ではスポーツが大好きな院長が施術をします

院長自身がスポーツのケガによる様々な経験をしてきたので患者様にも親身になり施術をする事ができます。
またスポーツ障害の患者様の多種多様な症状の経験が豊富にある接骨院ですので、スポーツの取り組み方も合わせ予防の観点も治療の一環として行なっています。これが愛宕駅前通り接骨院の強みでもあります!!
プロ野球選手も推薦する愛宕駅前通り接骨院の技術、ぜひ一度お試しください!

 

■電話相談はこちら04-7128-4560■診療時間
【月曜〜金曜】
9:00-13:00 / 15:00-20:00
【土曜】
9:00-15:00
※休診日 / 日・祝

メールはこちら お気軽にお問い合わせください